クミン’s ガーデン 備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS フライング咲き

<<   作成日時 : 2017/04/16 13:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

教会のバラと、島崎のバラが1輪ずつ咲きました。
が、こういうのは昨日の葡萄紅と同じで、私は「フライング咲き」と言っており、冬の間からこっそりと準備された蕾が開いたものです。

教会のバラのあまりに細すぎるステムですが、春に上がった蕾ではもう少し太くなります。



画像




島崎のバラも咲き始めは何ともふっくらと可愛いです。

画像右下の艶のある銅色の葉は、この春の新しい枝先の葉です。
芽吹きも古葉の形も、チャイナではない西洋のバラと交雑していると・・・私は感じます。



画像




教会のバラはこのままある程度の期間 美しい姿を保てますが、島崎のバラは1日直射日光に当たると『面目丸つぶれ』の姿になります^^;;
朝だけ日が当たる場所に植えるか、鉢に植えておいて、咲き始めるや否や日陰に移動させると、このバラとも良い感じでお付き合いできるかもしれません。
島崎ちゃんは、どちらかと言うとあまりオススメできないバラみたいな・・・(個人的感想^^;)。

         

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

フライング咲き クミン’s ガーデン 備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる