クミン’s ガーデン 備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日を前にして・・・

<<   作成日時 : 2007/02/01 22:03   >>

トラックバック 0 / コメント 8

次に撒く石灰硫黄合剤のことで悶々としています。

画像

(画像は、硫黄合剤が飛び散っているノラ・クリロー)

本当はバラ先輩のtakasiさんのやりかたで行きたいのですが、なにしろ12月に撒いていないので、真似したくてもできないという事情があります。

ウチは地植えが殆どなので、うどん粉はさほど気にならないものの、黒☆病は避けられません。
(※バラの性質によって症状がひどくなるのと、かかりにくいものの差はあります。)
夏場に一番農薬を撒きたくなるのが黒☆症状ですので、硫黄合剤が予防になれば〜、と考えています。

硫黄合剤は殺菌のほかに殺虫の役目もあるという事ですが、そちらはあまり期待していません。
ハダニやアブラムシは去年から使っているニー○ケーキのおかげで随分減っていますし
(※今年はニー○ックスという商品に変えました。)
今のところカイガラ虫もあまり見かけずに済んでいて、本当に有難いことです。
困っているのは『飛んでくる虫たち』です。

話を元に戻しますと、石灰硫黄合剤の濃度と回数・・・。
これも肥料の時と同じで色んな考えがあるのですね。
本やネットでどっさり調べて、ひとまずは満腹♪

 回数 :1回でOK 〜 2回 〜 3回かけるべし!
 間隔 :数日 〜 2-3週間 〜 一ヶ月
 濃度 :10倍以下だと効かない。 10倍以上にはしないほうが良い。
      5倍〜30倍まで、様々
 その他:オールドや小さなバラは薄めて撒いた方が良い、と言う人がいた。
      散布するか刷毛で塗るかは、絶対に濃度に関係すると思った。
      薄めにして地面に撒くと良いという意見もあった。

それで自分なりに考えて、次は2種類の濃度で散布(スプレー使用)します。

 ● トゲの多いバラ、まだ小さな株、葉っぱがあるミニ  は20倍
    トゲや葉っぱがあると薬液が付きやすいので、撒いたあとに水分が蒸発し、
    より高濃度になると考えた。

 ● トゲが少なくつるっとした幹のバラで、大株のもの  は10倍

そして、もしもこの後どんどん気温が上がって暖かくなってしまったら、今度の2回目で止めておこうと思います。
今年の熊本の冬は非常に暖かなので、無理して3回にこだわらないほう方が良いと判断しました。
それに、先日の本『農業講座』に書いてあったのですが、硫黄は最も霊的な元素なのだそうです。
そのあたりの『本当の意味』は分からないのですが、ミーハー的に、硫黄合剤のニオイが楽しみになりました(≧∇≦)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
硫黄合剤の情報ありがとうございます。
私も毎年濃度を忘れるので,1回目の時にいろいろと調べて
回数:2〜3回
濃度:7倍〜30倍
間隔:1週間〜1ヶ月
だったので,何となく20倍で塗布しました。
次はクミンさんの情報により,10倍と20倍でやってみたいと思います。
私も前回の塗布から3週間になる日曜日にやる予定です。
熊本はますます大暖冬なので,なかなかマニュアル通りにはいきませんね。
キャサリン
2007/02/01 22:35
キャシー、さっそく書き込み有難うございます。
今度はじめて真剣に調べてみましたら、本当に色々な考え方があってビックリしました(笑)。
調べていたら冬の施肥についても同じような所に書いてあるもので、そっちの方も勉強になりました。
>熊本はますます大暖冬なので,なかなかマニュアル通りにはいきませんね。
まことに、その通りです。
今後もきっと『毎年微調整』の必要があるのでしょう(涙)。
地球温暖化を防ぐ事が大事になりますね〜。
クミン
2007/02/01 22:47
いろいろ勉強してがんばっていらっしゃいますね。
でも、あのニオイが楽しみになるほどとは・・・ムムム・・・
sigeoさんは一昨年、柿の木に刷毛でせっせと塗りながら『皆が言うほどひどいニオイではないな。』と言っていましたが・・・どうなのでしょうね。
ちなみに私にとっても“耐えられるニオイ”でした。
事前にネットなどで“耐え難いニオイ”と聞いていたので、内心ドキドキだったのですが・・・
misao
2007/02/02 13:22
misaoさん、こんにちは♪
>いろいろ勉強してがんばって
ほんと!
何でこんな事になってしまったのでしょう?
やはりブログのネタって事もあるのかも〜(≧∇≦)。
去年も一昨年も撒いたはずなのに、濃度も回数もほとんど思い出せません・・・(汗)。
クミン
2007/02/02 15:48
硫黄合剤の撒き方、迷ってたところでしたので、
とても参考になりました。
来週良い日に、二回目を撒こうと思っています!

硫黄が霊的な元素だと言うお話、今度ゆっくり聞かせてください!
なんかとっても面白そう、興味しんしんです〜

ニオイも好きです!!

ロココ。
2007/02/02 21:46
ロココ。さん、おはようございます。
こんなんで参考になれば嬉しいです。
自分があまりにわかっていなかったので、一生懸命調べてみました。
ほんと、去年はどうしたんだろうと不思議です(笑)。
>硫黄が霊的な元素だと言うお話
シ博士のお話はあまりに深い話なので、とりあえず『本のそのあたり』をコピーしておきますね(笑)。
>ニオイも好きです
私も〜、そう思えただけでも幸せです。
でもマスクとメガネは絶対に必要です(o^-^o)。
クミン
2007/02/03 09:45
私はあのニオイは大好きです。
温泉のような温泉たまごのようなニオイ
昔から大好きだったので,私は年2回の散布が結構楽しみです。
明日うちの庭からは温泉のニオイが漂う事でしょう(爆)。
キャサリン
2007/02/03 23:44
キャサリンさん、こんにちは!
只今『使った器具を酢水で洗う』まで完了してきました。
本当はもっと早く終わりたかったのですが、今日の日曜美術館が良い話で・・・。
涙・涙で最後まで見てしまったため、とりかかりが遅くなりました。
まあ、濃度が『弱気』なんで、大丈夫でしょう(笑)。
とりかかる時間が遅くなったのも加味して?日当たりが良く、濃度が濃いところからはじめて、最後に日陰の濃度薄めの場所で終わりました。
鈴木先生は10時には終わるようにと書いておられましたが、あれは濃度が6倍とかだし、『1リットルで3株』とあったので、量が多いですもんね!
と、思いっきり言い訳しました(笑)。
それから、↑本文には書いていませんが、『展着剤は加えた方がいい』と事が書いてあったので、私は少しだけ加えています。
キャサリンさんはどうされたでしょうか?
(コレ、500字に入ったかな?)
クミン
2007/02/04 11:48
日曜日を前にして・・・ クミン’s ガーデン 備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる