5円玉で

トゲ抜きができると聞いて、私もやってみました。
一つは1年、もう一つは半年ほど前にバラのトゲが刺さったまま抜けずに皮膚が固く厚くなり、押すと今もチクっと痛かったのですが、そんな古いトゲが抜けました。
指先の痛みはピアノを弾く時にも気になっていたので、抜けてほんと良かった!


0325月月粉.jpg



使ったのは毛抜きと爪切り、眉切り用ハサミなどです。
まずトゲが刺さっている所を5円玉の穴の中心に入れて、ぐいぐい押します。
他の人に頼んで押してもらうと両手でできるので、さらに良いです。
そしてハサミや爪切りでトゲの上の固くなった皮膚を切った後に、再度5円玉で押して・・・を何度か繰り返すと、なんと思った以上に大きい黒いトゲが浮き上がってきて、そこを毛抜きでそっと抜きました。


0325老ごじゃ.jpg



バラの手入れをする際に、皮手袋をしていると枝を結ぶ時などモサモサするのでついつい手袋を外してやっていたらトゲが刺さり、抜けないまま諦めるというのがいつものパターンでしたが、今後はこの方法で早期解決しそうです。
既に知っている人も多いと思いますが、まだやっていないバラ友さんがおられたら試してほしいです。
注意事項として、50円玉は穴が小さいのでトゲ抜きには向かないようです。


画像は今朝の月月粉と老ごじゃ。
年越しの古葉に飛び散った硫黄合剤が気になりますが、これが虫よけになっていると信じてそのままにしています。



       

テーマ別記事

過去ログ